自分のFood for Lifeプログラムを 始める勇気と熱意を持っていますか

FFLG会員に なる

Food for Life Global会員になるため申請 承認されると、成長を続ける弊団体のファミリーにあなたの組織が追加されます。 公式FFLGスタートアップキットを購入する場合は、 弊団体までご連絡ください。.

まずどんな内容か確認をしたいと思う方は、Food for LifeのディレクターであるPaul Turnerによる新たな著書をお勧め致します。
画像
How to Build a Great Food Relief Project(どうやって素晴らしい食料支援プロジェクト立ち上げるか)は、これからの人道主義者のためのクイック・リファレンス・ガイド以上のものです。本書のページに記載されている成功の10の要素は、食べ物への見方を身体に必要な物であるという観点から、変革のための強力なツールであると思えるようになるでしょう。例えば同士であるFOOD YOGAのように、本書はコミュニティ全体を団結させるための、非セクト主義的で包括的な、ステップバイステップの計画です。レッスンを体系的に適用することで、あなたの成功は約束されたも同然です。

たった$6.99 (英語)

$ 2.95 –購入

Como construir un proyecto de ayuda alimentaria $ 5.00(スペイン語)

$ 5.00 –購入

本の裏側の ストーリー

Food for Lifeキャリアの当初から、仲間やヴェーダの教えの中で教えてもらった「もてなしの喜び」を分かち合いたいという情熱を持っていました。

ヴェーダの主要な教えのXNUMXつは、すべての衆生は本質的に精神的な質が等しいため、美しい共生の奉仕の網を通じて密接に結びついているということです。 本質的に、私たちはすべてXNUMXつの大きな家族であり、人種、性別、種によって分離されているように見えますが、実際には不可分で相互依存しています。

このような認識に基づいて、ISKCON [1]メンバーのアウトリーチプログラムを、誰もが受け入れ、参加できる社会変革運動へと広げていく必要性を感じました。

ここにあるのは、あなたとあなたの友人、教会、または地域社会のグループが、すべての「Food for Lifeプログラム」と同じ原則に基づいて、あなた自身の給食プログラムを開始するための力を与えるのに役立つことができる、内容が凝縮された小冊子です。あなたのプロジェクトが私達のチャリティーと提携出来ればと願っています。

Food for Lifeの創設者であるスワミプラブパダは1977年で亡くなりましたが、彼がすべてのFood for Lifeのボランティアに残した指示は明確でした:「誰もがプラサダム(神に捧げられた神聖な食べ物)を摂取する機会を得るべきである」。彼はまた、次のようにも述べています。「この活動は、罪深い食習慣や悪魔だけにふさわしいその他の行動を止めるために、世界中に拡大されるべきである」とも述べています。プラサダムが社会を変える力を知っていた彼は、アメリカでの活動の初期から、聖化された食べ物を準備し、一般の人々に配ることを奨励していたのです。

これらの指示について瞑想していると、それを果たすということはXNUMXつの慈善団体の能力をはるかに超えているが、実際には、より広範囲に渡り、ダイナミックなアプローチが必要であることがより明確になりました。ー寛大さ、愛、信頼を必要とするアプローチです。

この指示の根底にあるのは、"純粋な "食べ物の概念と意識を高める能力を理解してもらう必要があることに気づきました。「私たちはこの知識を共有し、手放さなければならない。」この信念が私を本「FOOD YOGA」を書き、人々に食べ物を日々のスピリチュアルな儀式の重要な一部にする方法を教え、その後、クリシュナの伝統の外にいる人々のために純粋な食べ物を一般の人々に配る実践に焦点を当てたこの小冊子を書くことにつながったのです。

実際には、この小冊子は1996年にボランティアのために書いたものを更新し、加筆したものです。主題はより広範囲に渡っていますが、本質的なメッセージは変わらず、私が成功のための公式として共有している成分は、わずかな修正を加えただけで、当時のままです。

最後に、Food for Life Globalとの提携を希望するプロジェクトは、植物由来の食品のみを提供しなければならないという絶対的な必要性を強調する必要があると感じています。この義務化の理由は多くありますが、その中でも最も重要なのは、食べ物のために罪のない動物の命を奪うことには正当性がないということです。このような残酷な行為は、「Food for Life」の理念、つまり、すべての生き物は平等に創造されており、そのように尊重されるべきであるという理念に反しています。私は後の章でいくつかの追加の理由を共有しています。

さらに、食品の生産、選択、調理、提供に関するアヒムサ・ポリシーに準拠しない限り、新規プロジェクトはFood for Life Globalの提携団体として認められません。

世界中のFood for Lifeボランティアを代表して、世界をポジティブに変えたいという真摯な思いに感謝致します。

– Paul Rodney Turner(Priyavrata das)

AmazonでKindle版を$ 2.99で購入
画像

FOOD YOGAを手に入れよう– Nourishing Body, Mind & Soul

$ 2.99 –購入

関連団体

すでに会員となっている方は、15以上のファイルが含まれているFFLスタートアップキットの入手方法について、お問い合わせください。