きれいな 心と体

インドのヴェーダ文化にルーツを持つFood for Life Globalプロジェクトは、心と体の純粋さという最高の基準に基づいて設立されました。

Food for Life Global は、自分たちが提供する料理の品質に誇りを持っています。身体に良いだけでなく、精神的にも栄養があると強く信じています。なぜでしょうか?それは訓練を受けたボランティアによって調理されるすべての食事は、食事が私たちの思考や感情といった最も繊細なエネルギーを運ぶものであり、私たちが奉仕する人々への真摯な愛と関心を表現するための導管であるという信念のもとに行われているからです。
画像
さらに、すべての食べ物は地球からの贈り物であるため、調理者内のリーダーがまず神に供養してから、一般の人に提供することが必要です。食事に込められた思いのエネルギーは、物理的な材料と同じくらい重要なのです。Food for Lifeのボランティアやフード・ヨギーは、味見はしないまま、直感的な調理に頼り、私心のない食事を作っています。そのため、Food for Life Globalのボランティアたちは、自分たちが最初に作る食事のサンプルがマントラ(祈り)によって浄化されることを知りながら、最大限の敬意と注意を払って食材を集め、料理を準備します。お供え物の基準は、時間や場所、個人の嗜好によって異なります。お供え物の瞑想を行う際には、どのような神(クリシュナ、キリスト、アッラー、仏陀、エホバなど)の形であったとしても特に制限はありません。

オファリング瞑想の詳細についてはこちら FOOD YOGA

ルール 行動規範

Food for Life Globalまたは当社の関連団体に関与する事項において、すべてのボランティアは、次の行動規範を遵守しなければなりません:
  • 食事には最もピュアな食材のみを使用します。
  • 乳製品、卵、肉、魚、または動物を原材料として食事に使用することはできません。
  • いいえ タマネギまたはニンニク は使用できます。
  • キッチンで食べ物の消費はしない。
  • 喫煙や飲酒は禁止。
  • ヴィーガン食のみがボランティアに提供される。
FFLの行動基準の詳細については、こちら FFLボランティアハンドブック(PDF).

Food for Life グローバルロゴ

Food forLifeのアフィリエイトロゴとFFLG Prasadam dasロゴはFood for Life Global FFLGに属しており、関連団体のみがこのロゴを使用できます。
画像
画像
また提供される食事(プラサダム)には、市販の乳製品が含まれていないことを意味します。FFLG はいかなる暴力も支持しません。私たちの目標は可能な限りピュアな食品を提供することであり、市販の乳製品は決して純粋なものではありません。そのためもし市販の乳製品を使用している場合、 弊団体ロゴは利用できません