2005年津波スリランカ

インドチェンナイ/スリランカコロンボ – Food for Lifeの歴史で間違いなく最も成功した緊急救援活動であった、15か国以上のボランティアがスリランカ、インド、マレーシアに集まり、壊滅的な悲惨な生存者に何十万もの熱いビーガン食を提供しました津波。

南インドのFood for Lifeボランティアが最初の対応者であり、最初の波が海岸に到達してから文字通り数時間後に生存者に温かい食べ物をもたらしました。 わずか数日後、米国、クロアチア、オーストラリア、ポーランド、ハングリー、スウェーデン、イタリア、イギリス、インド、モーリシャスのボランティアがコロンボに集まり、島全体の給餌プログラムを開始しました。

その後数か月間、ボランティアはスリランカ軍が管理する学校や避難所に一時的な調理施設を設置しました。 村人たちは野菜を切るのを手伝うことを申し出たが、フード・フォー・ライフは大きな鍋で薪を炊きながら調理した。 設備は災害ゾーンで想像できるほど基本的なものでしたが、誰も文句を言いませんでした。 Food for Lifeのボランティアは、提供されたすべてのことを楽しんだ奉仕した人々の笑顔を見て喜んでいました。

画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

ボランティアの日記からのメモ

インド、チェンナイ28年2004月2000日–地元の人々の指示に従って、約29人に温かい食事を提供した後、私たちはフードバンでより多くのインテリアの場所に行きました。 男性は私たちのために道を切り開いた。 私たちが到着したとき、私たちはほとんどの場合、半分裸であるか、まったく服を着ていない子供たちが食べ物を持って私たちに駆け寄っているのを見ました。 何人かの人々は彼らの手に食物パケットを持っていました。 なぜもっと食べ物を求めに来るのかと尋ねると、パックされた食べ物は時々悪臭がするのに対し、私たちが持ってきたものは熱くて新鮮でとてもおいしいと彼らは言いました! 2004年5000月XNUMX日–今日はXNUMX人分のレモンライスを作りました。 私たちはチェンナイで最も影響を受けた地域であるパティナパッカムに行きました。そして、それは最近首相によって訪問されました。 その地域はとても不安定で、警察はそれを封鎖していました。 私たちが入って食べ物を配りたいと言ったとき、彼らは私たちに許可を与えましたが、非社会的な人々が私たちのバンを破壊するかもしれないと恐れて、警察は私たちを途中で護衛しました。 嬉しいことに、人々は私たちを見てとても喜んで言った、「私たちに食べ物を与えるためにここまで来た人は誰もいません。 この地域外の人々への食糧配給しかありませんでした。 ここに来てくれてありがとう。」 たったXNUMX時間で、これらの非常に空腹の人々は情熱を持って私たちのレモンライスをむさぼり食いました。Food for Life Global コロンボの孤児院であるGokulamとの提携を通じて津波の孤児を支援し続けています。

Gokulam-Bhaktivedanta児童養護施設

スリランカの孤児のための避難所。希望と癒しの雰囲気の中で、肉体的、精神的、感情的な育成と教育を提供します。 ゴクラムで受けたケアにより、貧しい子供たちは、生産的で成功した世界市民として成人期に入る自信、決意、誠実さを得ることができます。 2004年XNUMX月の壊滅的な津波によって悪化した終わりのないニーズに応えて。GOKULAMの詳細と子供たちを支援する方法については、www.gokulam.orgをご覧ください。