サラエボ、ボスニア、1994-砲弾の落下が止まり、狙撃者がこのボスニアヘルツェゴビナの小さな町を囲む山の隠れ家から後退した後、生活はゆっくりと正常に戻り始めました。 虐殺と恐怖のXNUMX年間の悪夢は、サラエボに傷跡のある墓地を残しました。 クリシュナ神殿は当初から存在しており、弾丸で黒くなったアパートを離れることを恐れていた何千人もの人々にパンとクッキーをやって来た人々に避難所を提供しました。
画像
彼らが最も謙虚な状態で始めたFood for Lifeプログラムは、サラエボで4年間続きました。 食事は、市内の住民と栄養失調の入院患者に毎日提供されました。

サラエボのフードフォーライフディレクター、Janukanyaka Dasi(右の写真)は、戦闘中にサラエボに滞在し、何万ものロールパンやクッキーを提供しました。 多くの人々は彼女を「サラエボのマザーテレサ」と呼んだ。

「人々は時々、乾燥した葉から「パン」を作っていました! 想像できますか?" –ジャヌカニャカ

節約 地獄に住んでいる

画像
昔のサラエボのボランティアのXNUMX人であるシェフコは、次のように回想しています。時々、人を引き離すだろう」 「食べ物はありませんでした」とJanukanyakaは説明しました。 「人々は時々、乾燥した葉から「パン」を作っていました! 想像できますか?"