画像
2月500日— Food for Life Global関係団体であるSKBPチームはハイデラバード地区を訪問し、多数ある難民キャンプの一つに屋外キッチンを設置しました。リリーフ・スポークスマンのVanamali das氏はこのように述べました。「バスマティライス、野菜カレー、ビリヤニなど、多くの種類のヴィーガン料理を作り、600からXNUMX人の女性や子供に提供しました。現在の課題は信頼できる乗り物にて
食事や物資を運ぶ。 私たちは、Food for Lifeの寄付者に対して、私たちの取り組みを引き続き支援し、特に信頼性の高いバンまたはトラックを手に入れるのを支援することを緊急に訴えています。」 この取り組みを引き続き支援してください。
26月XNUMX日– Food for Lifeの関連団体であるSKBPは、洪水の被災者に食事を提供するため、チームをThattaとMakliに派遣しました。チームは、ThattaとMakliの周辺に多くの救援キャンプがあり、洪水の被災者が多くのNGOから食料や布、水を受け取っていました。しかし、さらなる調査の結果、FFLチームは、支援が提供されていない地域がまだあること
画像
を認識し、彼らはこれらのサービスが行き届いていない場所に全力を注ぎました ホットポテトビリヤニは少なくとも150の家族に提供され、その多くはサジャワル出身の人たちでした。
画像
リリーフスポークスマンのVanamali das氏はこのようにコメントしました。「翌朝、SKBPチームはMaklの別の地域に行きました。土地が乾いていたため、村人たちは私たちの救援チームを見てすぐに私たちのところに駆け寄ってきました。地元のMakliの人々の多くが支援してくれたため、FFLの料理人達が食事を作り始めました。ガスが使えないため、薪を使って野外で調理しなければなりませんでした。
村人たちは笑顔で料理人を褒めたり、友達に声をかけてくれたりと、とても好評でした。ThattaとMakliで食事を提供した後、SKBPチームはカラチに戻り、現在救援キャンプで生活する難民の数が圧倒的に多いハイデラバードを訪問する計画を立てました。
詳細については、以下を参照してください。 http://pakistan.ffl.org/