日本津波救援2011年

宮城、日本— Food for Life Global 系列会社のFFLジャパンは、壊滅的な津波の後、宮城県の渡利町四夜所の避難所に住む生存者に、数千kgの新鮮な果物や野菜、調理済みのベジタリアンディナーを提供しました。 ミヤギの人々に特別な食べ物を提供するために、ボランティアは最初に農産物を店内に降ろしました ISKCON 文化センターの寺院であり、食べ物が祝福され、精力的に浄化されるように祈りを捧げました。 「私たちはこれを高エネルギー食品と呼んでいます」とナガナタナ・ダス神殿長は言いました。 「これを行うことによって、食べ物は体、心、そして魂に栄養を与えるようになります」と彼は説明しました。 翌朝の5時間の長いドライブに備えて、農産物はトラックに戻されました。
FFLの日本担当ディレクター、シュリカント・シャーが食糧配給について話します。 FFLグローバルYOUTUBEチャンネル
画像
画像
すべての果物と野菜のサンプルは、 ISKCON 文化センターFFL日本担当グローバルディレクター、シュリカント・シャーはコメントしました。 「私たちの目標は、この取り組みを今後6週間、できればそれ以降も継続することです」と彼は説明しました。 たくさんの農産物を手に入れ、それを浄化し、毎週日曜日に宮城への長いトレッキングをするという仕事は、この小さなボランティアグループにとって大きな仕事です。 Food for Life Japanは非常に小さなNGOであり、フルタイムのボランティアはほんの一握りです。 「支援のほとんどは、努力を続けるためにお金と貴重な時間を寄付しているインドのビジネスコミュニティのメンバーからのものです」とボランティアコーディネーターのMadhu MangalaDasは述べています。 「彼らの子供たちでさえも関わっています。」

オンライン寄付

Food for LifeJapanに直接寄付する Food for Life Global –緊急基金(米国で税控除可能)

緊急援助

Food for Life Globalに寄付をし、FFLGが災害救援を調整するための緊急基金を支援する
詳細については、メールまたは電話でお問い合わせください。 iskcon.new.gaya.japan @ gmail.com

レポート

彼らはとても幸せでした7-8週6週5週4週3週2週1