フラットライスと温かい豆のシチューを バングラデシュの被災者へ

画像
2007年XNUMX月、バングラデシュのダッカ— をこのXNUMX年でこの地域を襲った最悪のサイクロンの後、何十万人もの生存者が家を失いました。サイクロンによる埃が落ち着いた後すぐに、クリシュナの僧侶とインドの実業家からなるボランティアチームがクルナ、バガーハット、ポトゥアカリ、バリシャールを訪れ、被災者のためにいくつかのFood For Lifeを実施しました。
大型トラックには平らな米とキチュリ(豆のシチュー)が積載され、ボランティアはダッカからサイクロンの影響を最も受けた場所の4つであるバガールハットのシャランクホラまで2台のバンで一晩旅行しました。 「翌朝到着したとき、地元の人々が空の下で野外でキャンプをしていて、家を完全に失っていたのを目にしました」と救援コーディネーターのジャガトガーガウランガダスは説明しました。 「彼らは絶対に何も持っていなかったので、彼らが私たちが到着するのを見て興奮しました。 母子がいち早くトラックの周りに集まりましたが、群​​衆があまりに多く、必死になって整然と並ぶことができませんでした。 3kgの平米とヒチュリ(マハプラサーダ)の袋をトラック内から配送することにしました。 非常に短い時間で、トラックの半分がその場所で空になりました。」 「それから私たちはバガハットから車で10,000〜1,723時間、ポツアハリと呼ばれる別の場所に移動しました。 繰り返しますが、それは同じシナリオでした。空の下に住んでいる人々で、ほとんどが食料もなく、真水もありませんが、なんとかして生き残っています。 お米袋を再配布して大満足。 これらの場所には調理設備がなかったため、平米を配らなければなりませんでした。 幸いにも、私たちが以前に私たちのキッチンで準備した熱いKhichuri(豆のシチュー)をいくらか分配することができました」と彼は言った。 これまでに、XNUMX枚以上のプレートのKhichuriとXNUMX kgの平らな米が、Food for Lifeのボランティアによってサイクロンの影響を受けたXNUMX千人に配布されています。 バングラデシュの日刊全国紙のいくつかは、Food For Lifeプログラムについて報道しています。 報告によると、嵐はバングラデシュ南西部の何万もの家を破壊し、この貧しい低地の南アジアの国で収穫シーズンの直前に非常に必要な作物を台無しにしたXNUMX年で国を襲う最も致命的なものでした。 XNUMX万人以上の沿岸の村民が政府の避難所に避難することを余儀なくされました。 公式の死者数はXNUMX人に増加し、当局は国が回復に努めるにつれてこの数字がさらに上昇するのではないかと恐れた。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像