画像

Food for Life Mayapurは、 西ベンガルの大洪水に対応

マヤプールのナディアの洪水に対する食糧救済。 SRI NATHPUR .11:8:15 11年2015月9日火曜日にSubala Sudama Dasによる投稿 Hare Krishna Food for Lifeが始まった場所、西ベンガル州マヤプールには洪水のがあります。当初のFood for LifeプロジェクトはISKCONフードリリーフとして知られていましたが、現在と同様にボランティアが大きな鍋に入ったキチュリ(豆、米、野菜のシチュー)を船に乗せて、立ち往生して空腹を抱えた村人たちに提供していました。巨大なガンジス川が氾濫し、何万人もの人々に大規模な被害と不便をもたらしました。ハレ・クリシュナ Food for Lifeの背景にあるインスピレーションは、スリラ・プラブパダがヨガの生徒たちに、寺院の周辺で空腹になる人がいないことを確認するように頼んだことでした。そして今日、その伝統は、地域の大規模な洪水にもかかわらず、毎日何千食もの無料の食事を提供し続けています。MAYAPUR NADIAの洪水のための食糧救済 8:15:9(日)Subala Sudama Dasによる投稿 2015月世界中のFood for Lifeの本部であるFood for Life Globalは、FFLプロジェクトのサポートオフィスと緊急救援コーディネーターとしての役割を果たすために1995年に設立されました。この非営利団体は、フードヨガの指導や、Food for Lifeプロジェクトを始めたい人のためのガイドやトレーニングなど、活動範囲を拡大してきましたFood for Life Mayapurと世界のスピリチュアルな首都であるハレ・クリシュナについての詳細は、www.mayapur.com をご覧ください。

Food for Life Global -ピュアな食べ物を通して世界を一つに