遺言での贈与 (遺産を託す)

Food for Life Globalへ遺産を託してください 。遺言での贈与をFood for Life Globalにして頂くと、将来にわたって重要なプロジェクトを計画し、実行することにより、命を救う事が可能となります。 私たちと一緒にずっと何年もの間、世界で最も困窮する人々に平和と繁栄をもたらすことが可能になります。
画像
多くの支援者の方にFood for Life Globalを寄付のための遺産受け取り者として指定頂いております。 彼らの意志の受益者として。 アメリカ合衆国連邦政府は、これらの贈り物または遺贈を、推奨しており 無制限の相続税の慈善控除が受けられます。 .
遺言書を作る際にいくつか留意すべき点があります:
  • 資産の一覧を作成する
  • あなたの財産を分割したい方法を考える
  • 誰を執行者に任命するかを考える
その時々の意思と状況に合った内容であるかを確認するために定期的に遺言書を更新することはとても大切です。例えば結婚、離婚、引っ越しや家族や友人が逝去した場合などに遺言書を更新する必要があるかもしれません。
画像

種類 遺産

遺産を残す方法はいくつかあります。 最も一般的なものを以下に説明します。
慈善遺贈信託
非課税の取消不能信託は、まず一定期間、信託の受益者に所得を分配し、その後、信託の残りを指定された慈善団体に寄付することで、個人の課税所得を減らすように設計されています。詳細はこちらをご覧ください。 http://www.investopedia.com/terms/c/charitableremaindertrust.asp
遺留分遺贈
他の遺贈をして債務を清算した後に残余の財産を贈与することを遺留分といいます。
遺産分割遺贈
遺言書で一定の金額を贈与することを「故意遺贈」といいます。固有の遺贈の価値は、物価の上昇に伴い、時間の経過とともに減少していきます。
特定遺贈
遺言書で贈答品として残された特定の名前のついたものは、特定遺贈として区分されます。例えば、宝石、土地の一区画です。
偶発的遺贈
遺言書に記載された贈与のうち、発生する可能性のある、または発生しない可能性のある事象の発生に依存する贈与は、法的には偶発的遺贈として区分されます。例えば、慈善団体への遺贈は、遺言書に記載されている他の受益者が遺言者(遺言書を作成した人)よりも先に死亡した場合にのみ適用されます。

あなたの財産計画を通じた贈り物で、将来の世代がFood for Life Globalが掲げる価値観を確実に学ぶことを可能にします。Food for Life Globalのレガシー・ソサエティは、あらゆる規模の贈与を歓迎し、財産計画の中でFood for Life Globalを支援するあらゆる年齢層の寄付者に敬意を表します。

次のようなメリットがあります。

  • 税金の負担を軽減しながら、考えておられるよりもより大きなインパクトを慈善活動に与えることができます。

  • ほとんど、または全く費用はかかりません。

  • 生命保険、IRAまたはXNUMXK、不動産、寄付者が助成したファンドの元本、または財産の一部(遺言や信託の例こちらをクリック)等自身が不要になった財産を活用できます。

  • コーディシールを使用すれば遺書を書き直す必要がない場合もあります

  • Food for Life Globalの活動を支援することで、すべての人々の平和と繁栄を維持することに貢献できます。

あなたの財産計画はあなたの弁護士によって準備されるべき重要な法的文書です。 専門的な内容については、弁護士やファイナンシャルアドバイザーに相談してください。

Food for Life Global のレガシーソサエティーに参加するにはこちらに記入ください。 意思確認書 私たちがあなたの希望を尊重し、将来の計画を立てる事が可能となります。

重要な 注意事項

Food for Life Globalは遺書を作成、または更新をされる場合に弁護士や銀行信託会社から中立な助言を求めることをお勧めします。
連絡先
遺産を残すことについてさらに学ぶために(遺贈)
遺産(遺贈)を残すことについてのアドバイスは、以下を参照してください: The National Committee on leave a legacy