Cerar首相、リュブリャナ初の食品余剰起業家(FSE)ハブを正式にオープン

たでぃTVshot21.10.2015年11月00日水曜日、午前365時–スロベニアの首相であるCerar博士は、XNUMX人の州務長官、TadejSlapnik氏とAndrejaCrnak Meglic氏によって代表され、EKOXNUMXでリュブリャナのFoodSurplus Enterprise(FSE)ハブを正式に立ち上げました。センター。

欧州連合のエラスムス計画によって資金提供され、 Food for Life Global (FFLG)とFood Surplus Entrepreneurs Network(FSN)は、リュブリャナで起こった食品廃棄物革命に対応して、スウェーデン、デンマーク、スロベニア、ハンガリー、ラトビア、イギリス、セルビアのFood for Life組織を結集した重要なイベントです。

首相のスピーチはスラップニック氏によって読み上げられました。

「食品廃棄物の現在の価値は年間400億米ドルと推定されており、中産階級の開発には今後15年間で年間600億米ドルの費用がかかります。 2030年に消費者の食品の損失を20〜50%削減できたとしたら、年間120〜300億米ドルの節約になります。 食料の損失と廃棄は収入の損失を引き起こし、投資収益率を低下させ、経済的および社会的発展を遅らせます。」

PAULTVショット

ディレクター Food for Life Global、ポールロドニーターナーは言った:

「この時代に誰もがお腹を空かす必要はありません。 私たちはスロベニア政府と協力して、FSEイニシアチブで飢餓問題に真正面から取り組むことに非常に満足しています。」

スロベニアのFood for Lifeは、リュブリャナのRadha Govindaレストランとともに、過去70,000年間で社会的に恵まれない家族に7以上の余剰の食事を提供してきました。  

ルーツは1974年までさかのぼり、 Food for Life Global スロベニアのリュブリャナに本社を置き、世界中に調整事務所があります。 組織の使命は、純粋な植物ベースの食事を恵まれない栄養失調の人々や災害の犠牲者に自由に配布することにより、純粋な食品を通じて世界を統一することです。 ボランティアは現在、毎日2,000,000万食までの植物ベースの食事を無料で提供しており、現在、ヨーロッパ全体の難民危機に対応しています。

FSE Networkの共同創設者であるJoris Depouillon氏は次のように付け加えています。

「ミラノでの都市食品政策協定の調印後、私はここリュブリャナにいて、食品廃棄物の問題に関する行動を起こすことに興奮しています。 Food Surplus Entrepreneurs Networkは、革新的で草の根のイニシアチブを通じて食品廃棄物の削減と再配布に焦点を当てた志を同じくする起業家をつなぐヨーロッパのコミュニティです。」

このイベントは、2016年のリュブリャナの「ヨーロッパの緑の首都」としての主張を裏付けるものであり、ワークショップ、円卓会議、および食糧の余剰から準備された植物ベースのごちそうが含まれていました。

セラル首相は地元の仕事を賞賛した Food for Life Global 関連会社、FFLスロベニア、Radha Govinda Restaurant:

「食品廃棄問題の規模は、次のような組織の取り組みを刺激しています。 Food for Life Global、Radha Govindaレストランと協力して、過去7年間で恵まれない個人や家族に75,000以上の無料の食事を提供してきました。 あなたの仕事と努力のために心から感謝します。

「余剰食料を削減するためにリュブリャナに食料余剰ハブを開設できることをうれしく思います。」

コメントを書く