ネパールの人々にサービスを提供するためにその場で調理

16年2015月XNUMX日、ネパール— FFLのボランティアは、パナウティのチャムカルカ村に行き、救援物資と一緒に温かい食事を作って提供しました。 FFLネパールからのXNUMX人のボランティアが早朝に道具、新鮮な野菜、米、ダールを持って出かけ、今では有名なキチュリー(米、豆、野菜のシチュー)をその場で調理しました。

しかし、調理用コンロとガスを遠隔地の村に運ぶことができないことに気づき、調理の準備が遅れました。 ボランティアは、直火で調理するために地域の周りから木を集めなければなりませんでした.

キチュリーの準備が整うと、子供たちが殺到し、皿やコップをサーバーに押し付け、期待して叫びました。 「私たちは子供たちに、熱いキチュリーを提供する前に、まず石鹸で手を洗うように頼みました」とボランティアの一人は説明しました。 「彼らはとてもお腹がすいたのに、みんな喜んで従いました。」

11151071_1648100752090043_5724441723894300470_n

一部のボランティアは村人に温かい朝食の食事を提供しましたが、他のボランティアはタイを拠点とするミャンマー生まれのグルカ青年協会のメンバーから寄贈された、タイのSagarKharel氏が率いる新しい少し使用済みの衣類を配りました。

Food for Lifeネパールは、93家族に米とビスケットの袋を配りました。

これらの努力を可能にしてくれたすべての寄付者に感謝します。 助け続けてください。

ネパールの人々にサービスを提供するためにその場で調理

公式Facebookページ: https://www.facebook.com/NepalFFL

コメントを書く