ウクライナでの生活のための食糧–戦争でさえ私たちを止めることはできません

最終更新日:18年2022月XNUMX日
PAUL TURNERPAUL TURNER

Food for Lifeウクライナは、現在の紛争の犠牲者に希望と健康的な食事をもたらすためにあらゆる困難と戦っています。 ボランティアは、地域全体で貧しい家族に数千の温かい植物ベースの食事を提供しています。

上記のビデオは、ドネツクでのFood forLifeのボランティアの3日間の生活です。 ビデオは、FFLボランティアが無料の食事を提供している場所のいくつかを強調しています。イロヴァイスクの月曜日と木曜日–700人前。 火曜日:ハルツイスク–700人前。 水曜日:村Kommunar-700人前; オレホボ-150人前; 村パストゥホフカ-150人前。 ボランティアはまた、カリーニン、キエフ、クイビシェフ、ペトロフスキーにある年金受給者や独身障害者のためのセンターを訪れます。

 

(上)Food for Life Donetskのボランティアの中には、人種、民族、政治的または宗教的信念に関係なく、人々への思いやりに満ちた結束したグループであり、寒さと飢餓には国境がありません。

qxEwbXLKCLk
(上)XNUMX月初旬、Food for LifeDonetskは新しいメンバーであるEugeneを追加しました。 彼はイルクーツクからチームに参加するために来ました。 ここで彼はCommunar近くの村人に温かい料理を提供するのを手伝っています。

lxXNoAWAqhM

ウクライナのルガンスクからのFoodfor Lifeボランティアは、155人に温かい食事を提供するために社交的な食堂を開設しました。 彼らのおいしいランチは、エンドウ豆のスープ、パン、セモリナプリンで構成されていました。

「お粥の調理が完了する前に電気が切れたので、料理人はお粥を出さないと思っていましたが、人々がそれを要求したので、私たちは喜んで義務付けました」とボランティアの一人は説明しました。

多くの人がFFLのスープに賞賛を表明しています。 彼らの多くは、ベジタリアンスープがこんなに美味しいとは思っていませんでした。

彼らのウェブサイトをご覧ください。 https://vk.com/foodforlifedonetsk

今すぐ寄付

VIA Western Union、PrivatMoney、Unistream、またはCoinstar
受益者:STREBLYANSKIY SVYATOSLAV、ウクライナマケエフカ
電話+ 38050-870-80-93 + 38093-399-13-98。

これらの高貴な取り組みをサポートするために、 Food for Life Global。 これが対象であることを示してください ウクライナの生活のための食糧。




2のコメント

フランシス

Hello, hope this finds you well and safe,

I am a 40-year-old Canadian, just arrived in Kyiv 2 weeks ago, here for as long as I can be of help (6 months +).

I have spent the greater part of my life cooking and managing kitchens specifically in remote areas and/or places with a difficult access to produce, sometimes unconventional, underequipped and with sometimes unexperienced teams.

Unlike cooking in restaurants where clients change, I have developed a specific ability to feed large numbers of the same people daily (75 to 450) and for long period of time. Satisfying these people with healthy meals by being creative, resourceful, and by adapting to a number of unusual situations.

I have worked as a cook in mining/drilling/logging remote camps in Norther Canada, socially oriented restauration work in several West African countries, and on remote film and TV productions remote sets.

Also, having grown up on a self-sufficient farm in Canada, I have learned and then developed a great ability to the art of preserving (picking, dehydrating, marinating, curing, fermenting, canning etc) which I feel could be beneficial in this situation, foreseeing probably difficult living conditions this upcoming winter in Ukraine.
Other then cooking, I have worked for several NGOs in West Africa, India, Canada and South America in project development, project coordination, host for volunteering programs, English and French teacher, ICTs for youth development and various other expat/ volunteer positions.

Please get back to me if my skills and experiences might be of help in Ukraine for this winter and do not hesitate if more information if needed.

前もって感謝します、
、安全に滞在
Francis Cardinal
Whatsapp:001 514 2993075
Email: Rustyboi01982@gmail.com
電話番号:+ 380 99 020 5347

October 22, 2022
PAUL TURNER
PAUL TURNER

Dear Francis, the situation in Ukraine is dangerous, however, if you are still keen, you can reach out directly to our affiliate project in Ukraine at https://www.instagram.com/foodforlifekharkov/ Thank you for your enthusiasm.

7 年 2022 月 XNUMX 日

コメントを書く

影響を与える方法

寄付する

人を助ける

暗号通貨

暗号を寄付する

動物

動物を助ける

プロジェクト

ボランティアの機会
支持者になる
独自のプロジェクトを開始する
緊急救援

志願する
ビジネスに関して

になる
支持者

Yhaoからビーニー帽子のカスタムオーダーを今すぐ開始!
独自のプロジェクト

緊急
安心

最近の投稿