SKBPが救援サービスを開始

最終更新日:20年2022月XNUMX日
PAUL TURNERPAUL TURNER

September 26 – Food for Lifeの関連会社SKBPは、洪水の生存者に食事を提供するためにチームをタッタとマクリに派遣しました。 チームは、タッタとマクリ周辺の地域に、洪水の犠牲者が多くのNGOから食料、布、水を受け取っている多くの救援キャンプがすでに含まれていることに気づきました。 しかし、さらに調査した後、FFLチームは救援サービスが生存者に届いていない地域を特定することができたため、これらのサービスの行き届いていない場所に注意を向けました。 ホットポテトビリヤニは現在、少なくとも150家族に提供されており、その多くはサジャワル出身です。

救援スポークスマンのヴァナマリ・ダスは次のようにコメントしています。「翌朝、SKBPチームはマクルの別の地域に行きました。 土地が乾いていたので、村人たちは私たちの救援チームを見るとすぐに私たちのところにやって来ました。」

FFLの料理人たちは、地元のマクリの人々の多くが手助けする間に、食事の準備を始めました。 ガスが利用できないため、食事は薪で戸外で調理しなければなりませんでした。

「村が笑顔で料理人を称賛し、友達に参加を呼びかけたので、食事は非常に好評でした」とダスは説明しました。

タッタとマクリで食事を提供した後、SKBPチームはカラチに戻り、現在救援キャンプに住んでいる圧倒的な数の難民がいたハイデラバードを訪問する計画を立てました。

マクリとタータの救済の写真

今すぐ寄付

https://ffl.org/app/uploads/2019/10/6Billionmeals-2.jpg

の重要な仕事をサポートする Food for Life Global 200カ国に60以上の関連会社の国際ネットワークを提供する。
Food for Life Global 501(c)(3)慈善団体、EIN 36-4887167です。 すべての寄付は、特定の納税者に適用される控除の制限がない場合、税控除の対象とみなされます。 寄付と引き換えに商品やサービスは提供されませんでした。

Food For Life Globalの第一の使命は、愛情を込めて作られたピュアな植物性の食事を自由に流通させることで、世界に平和と繁栄をもたらすことです。

コメントを書く

影響を与える方法

寄付する

人を助ける

暗号通貨

暗号を寄付する

動物

動物を助ける

プロジェクト

ボランティアの機会
支持者になる
独自のプロジェクトを開始する
緊急救援

志願する
ビジネスに関して

になる
支持者

Yhaoからビーニー帽子のカスタムオーダーを今すぐ開始!
独自のプロジェクト

緊急
安心

最近の投稿