フードヒーローがワークショップを開催

SOURCE: Caboolture News、クイーンズランド州

国際的なフードヨガのヒーロー、ヨギプリヤヴラタ(ポールターナー)–最近、ブライビー島のウィッチーウーウェルネスB&BでXNUMXつのフードヨガワークショップを実施しました。Priya Vrataは、「フードヨガ」という本を出版しました。これは、肉体的にも精神的にもローフードの利点について魂に栄養を与えるものです。 写真ヴィッキウッド

リーサ・ペットフィールド| 14年2012月XNUMX日:国際的なフードヨガのヒーローであるYogi Priya Vrata(Paul Turner)–最近、ブライビー島のWitchie Woo Wellness B&BでXNUMXつのフードヨガワークショップを実施しました。

ポールは、両方のワークショップから肯定的なフィードバックを受け取ったと述べました。 何人かの生徒は、それが今年彼らに起こった最も前向きなことであると言いました。 すべての参加者はフードヨガの科学を学び、XNUMX時間のグルメローフードデモンストレーションを受けました。

ポールは、Food for Lifeの国際ディレクターであり、 Food for Life Global、慈善団体の世界本部。 Food for Lifeは、世界最大の植物ベースの食糧救援組織です。 このプロジェクトは50か国以上で行われ、XNUMX日あたり最大XNUMX万食を提供しています。

ポールの旅は19歳で家を出たときに始まりました。彼はシドニーのブルーマウンテンのコミューンに住んでいて、元アクルラダスからインド料理の基礎を紹介されました。 Hare Krishna モンク。 その経験は、ある日、パウロでの欲望に火をつけ、寺院の料理人になりました。

パウロは常にカルマとスピリチュアリティに魅了されていたので、ニューサウスウェールズ州のクリシュナアシュラムに参加して僧侶になりました。 僧侶としての彼の時間の間に、ポールは彼がグルメな菜食主義の料理の芸術を学んだと言いました。

1986年にポールはFoodfor Lifeクラブを始め、1989年に彼のフードヨギの旅は彼をハンターバレー地域に連れて行き、そこで彼は新しいFood forLifeプログラムを始めました。 パウロはすぐに食べ物が素晴らしいコミュニケーターであることに気づきました。 今後54年間で25か国以上を旅行し、ポールは新しいFood for Lifeプロジェクトの刺激と立ち上げ、ボランティアのトレーニングを支援しました。 ポールは、彼の旅行が彼をチェチェン、ボスニア、ジョージアのXNUMXつの戦争地帯に連れて行ったと言いました。 彼は、アジアの津波に対応して、スリランカ全土の村に仮設キッチンを設置するボランティアの国際チームを率いました。

2010年、パウロはハイチで国際救援活動を指揮しました。 Food for Life Global 破壊されたハイチ人に何千ものオーガニックビーガン食を提供しました。

2011年、ポールは日本を訪れ、津波の生存者のための給餌プログラムを立ち上げました。

ポールは、世界中でワークショップを実施し、食べ物の旅を指揮し、食べ物を使って人々をつなぐと述べました。 彼は現在、数冊の本を出版しており、さらにXNUMX冊の本を作成中です。 読者はからeBookをダウンロードできます www.FOODYOGI.ORG ($ 9.95)または、ウーリムの10 EighthAveにあるWitchieWoo Wellness B&Bでソフトカバーを購入してください。

ポールのフードヨガチェックアウトの詳細については– www.theyogaofeating.com

コメントを書く