フードヨガワークショップ

オーストラリア生まれのポールターナー(別名ヨギプリヤ)、 Food for Life Global 現在、FOOD YOGIワークショップを紹介するツアーに参加しています。 1〜3日間のワークショップでは、食品の選択、ライフスタイル、自然の尊重、精神性に関連するFood forLifeの哲学を紹介します。

プレゼンテーションは、ヨギプリヤの未発表の本からのメモに基づいています。 食べることのヨガ – 300ページのフードヨギライフスタイルのマニフェスト。フードオファリングメディテーションの導入に特に重点を置いています。

本の背後にあるアイデアは、の創設者に触発されました ISKCON, スワミプラブパーダ、「誰もが取る機会を得るべきです prasadam…」彼は、 prasadam 全世界が平和で繁栄する可能性があります。」

Prasadam はサンスクリット語で慈悲を意味し、具体的には愛情を込めて調理され、神に愛を込めて提供された食べ物を指します。 スワミプラブパダの声明の意味は、愛情を込めて調理された清潔で非暴力的な食品には、愛情のこもった絆で人々を結びつける能力があるということです。 お祝いの日に愛を込めて用意された食事に腰を下ろしたとき、私たちは皆これを経験しました。

食物は人生の最も基本的な必需品であるため、食卓に食物を置くという祝福を尊重し、さらに重要なことには他の人にも食物があることを確認する必要があります。 これは、私たちがすべての生き物への思いやりと尊敬を心から感じているときにのみ起こり、フードヨギのライフスタイルの基本であるこの普遍的な尊敬です。

フードヨギコースの目的は、スピリチュアルなホスピタリティの文化とスピリチュアルな旅における食べ物の重要性を学生に紹介することです。 学生は、フードヨギダイエットとライフスタイルを実践することで、最適な健康状態を達成する方法を学びます。

フードヨガワークショップでは、次のようなさまざまなテーマを扱います。

  • 食品の形而上学
  • 聖なる食物と錬金術
  • 食品の神聖幾何学
  • 水の重要性
  • 食品政治
  • 精神的なおもてなし
  • 食品ヨギの10の特徴
  • 食事を提供する瞑想
  • 意識的な食事
時間
30月9日日曜日・午前30時3分から午後30時XNUMX分

ロケーション
ウィッチーウーウェルネスB&B
10 XNUMX番目のアベニュー、ブライビー島。
オーストラリア

SACRED YANTRAワークショップ

同じ午後、ヨギプリヤは神聖なヤントラに関するワークショップを行っています。 Yogi Priyaは、28年以上にわたってヴェーダの数秘術とピタゴラス教のシステムの古代の学校を研究してきました。現在、これらXNUMXつのシステムを使用して、人々に完全な読みを提供するだけでなく、幾何学的な署名や個人的なヤントラの中に彼らのユニークな数の振動を捉えています。お守りや会社のロゴとして使用されます。

コスト

寄付? 各セッション$ 50または両方の$ 85(ランチ提供)

詳細とご予約について:

ホストのクレイグに連絡してください
電話:  07 34081577
モバイル:0488442283
Email: チャーマー8888@bigpond.com

コメントを書く